Cブロック事業 学校規模適正化勉強会 開催

11月28日、木ごころ文化ホールと美山公民館にて、学校規模適正化に関わる勉強会を開催しました。

 

三部構成で開催した勉強会では、第一部で福井市PTA連合会 後藤会長より学校規模適正化検討委員会が市教委に答申した内容を説明していただきました。

また、平成13年に4小学校が統合して美山啓明小学校を開設した時の様子を、当時、美山町教育委員会の教育長でした前川先生をお招きして、ご講演いただきました。

当事者意識をもって地域より声をあげる大切さを、今一度考えさせられる内容でした。

続いて第二部では、中学校区・テーマごとのグループに分かれて、各校の課題や答申内容、小中統廃合で起こりうる問題についてグループディスカッションを行いました。

Cブロック内のPTA関係者以外からも、美山こども園保護者の皆様や、足羽第一中学校区の公民館館長・主事の皆様が参加くださり、この問題に対して地域の方々の関心や意識の高さを感じました。

第三部では、グループディスカッションの内容について、グループごとに発表を行いました。

中学校での問題として、少なくなる生徒と教員の関係から部活動の種類に今後制限がかかるのであれば、合同チームを編成できないかという意見がありました。

また、小中学校の統廃合においては、校区の広さからスクールバスの有効活用についての意見が出たほか、小学校=地区の観点から地域が衰退する事を懸念する声が多くあり、ICT技術を利用した他校とのオンライン授業などで学校を残せないのかという意見もありました。

この勉強会を通し、参加者の意見や想いから、今後もこの問題に地域を巻き込んで取り組んでいく姿勢が必要だと再認識しました。

 

当日の様子はこちらからご覧ください。

↓↓↓

①後藤正邦氏

②前川勝巳氏

 

 

関連記事

  1. ふれあいコンサート 開催

  2. 令和4年度 福井市PTA連合会Cブロック講演会 開催

最近の記事